まだお客さんがいない時の発信はどうするの?

 

どもです〜ゆかです。

みなさんやってますか〜?

 

本日はですね!
メルマガでも大好評な

読者さんからのお悩み相談のコーナーです。

 

そんな、本日のお題は….

 

「お客さんがまだいない時の戦い方は
どうすれば良いのでしょうか?」

というお悩みです。

 

お客さんがまだいない時の発信って
すごく迷っちゃいますよね…

 

わたしも、パソコンの前で
うーんうーんとうなっていた経験あります。

ですが!

「お客さんがいない」からこそ
それが強みになっちゃうんです^^

そんなお客さんがいいないからこその
戦い方をお話ししますね!


今回は発信内容について主に
お話ししていきます。

そもそも…発信内容はどうすればいい?



結論から言いますと

お客さんになるであろう人が
役立つ情報ならなんでも大丈夫!


=過去やちょっと前の自分が悩んでいたことを
発信する。

 

ってことです。

ビジネス=お金をいただくことって
価値提供」だという
お話をしたことがあります。

すなわち、人のお悩みや困っていることを解決して
「ありがとう!」と言われることを
してあげられればOKなわけですね。




自分自身が今持っている悩みや過去のお悩み
コンテンツにして解決してあげればいいわけですね〜



例えば今回の相談者さんの場合は

ビジネス系発信の場合なら


「お客さんがいなくて悩んでる」人に向けて
解決策を学んだり、調べてあげて

発信することから始めたらOKです^^


(下記記事参照ください^^↓)

本当にそうですか?わたしには発信できることなんて何もないから・・・

じゃあお客さんになろうであろう人
どんな人なわけ?と思いますよね^^

そこで、今のご自身が提供できるスキルや
知識のレベル別で

少し考えてみていただきたいのですが…

 

まず!スキルが0、知識が0の場合は
頑張ってスキルや知識を
つけるところから始めないといけません。

なぜなら、ビジネスとして
お金をいただくためには

お客さんから「ありがとう!」と
言っていただかないといけないので

そのお客さんの悩みや困りごとを
解決できるだけの知識やスキル、経験が必要ですよね。

 

ですが…

いきなりプロを目指す必要はなくって
まずは「初心者レベル」までを
1つの目標として目指します。

 

そして

そのジャンルの
超初心者」さんに教えてあげればOKです!

自分よりも後から始める人ですね!

例えば
英語ジャンルなら…

「英語学習を頑張りたいんだけど
文法を学ぶにはどんな教材がいいんだろう…」と

悩んでいる初心者さんに対して

「初心者用の教材で、文法を強化したいなら
これがわかりやすかったよー」と
教えてあげることだってできます。

 

ビジネス系発信も同じですよね!

 

何から始めたらいいかわからない人に対して
先に「ビジネスの全体像」を学んでおけば

「まずはここからだよー!」と、アドバイスできます。

 

なので、知識や経験、スキル0なら
まずは知識をつけたり、その知識を使って

 

経験してみることが第一優先です。

でも….それでもまだ発信するのに
迷っちゃうなぁ…発信できる気がしないなぁ

という場合は


どんなお客さんに集まってもらいたいか?

も考えてみてください^^

というのも、ビジネスって価値提供なので
ノウハウや知識以外でも

価値提供できるものが、すでにあるなら

ぜひ生かして欲しいんです^^

例えば、自分自身が

休職中にネットビジネスに挑戦中の20代女性
だったとしたら、同じように

「休職中」の方や「20代女性」
「ネットビジネスに挑戦したい人」に役立つ発信が

すでにできるかもしれないですよね^^

 

自分が持ち合わせていないものや
体験したことのない生活をしている人へ向けてばかり
発信を頑張ったり、情報を提供するよりも

 

すでに経験したことのあることや

自分の立場も交えて発信することで

 

「わたしも同じ状況だから、この人の情報が役立つかも!」と
思ってもらえるはずです。

 

そこで…

 

どんなお客さんに集まってもらいたいか?を考えるのに便利な3つの要素は…?

こちらです〜↓

 

①自分の価値観
②自分の立場や現状
③目指すゴール

 

1つずつみていくと…

 

まず、①自分の価値観

ざっくりいうと

「自分がなぜこの発信をするに至ったのか?という理由」や

「自分がこの発信でないとダメな理由」などですね!

 

例; 何度転職しても自分にあう仕事が見つからず…
誰にも指図されずに自分で
インターネットを使って起業できれば、それが叶うから!

=だから、同じような人が増えるといいな!

例;英語をマスターして、いろんな国の人と出会って
多様な文化を知ることで、自分の視野が広がり
生きやすくなるから!

=だから、同じような人が増えるといいな!

こんな感じですね!

お客さんも「それいいね!!」

「それが叶う方法をこの人は発信してるのなら、ついていこうかな!」
という気持ちになるはずです^^

 

お客さん=同じ目標を持つ仲間みたいなイメージですね!

 

次に、②自分の立場や現状ですが…

「子育て中のママ」「学生」「会社員」などのことです。

これをはっきりさせておけば

 

「同じ状況や立場で
同じゴールを目指しているこの人なら
役立つ情報を持っていそうだぞ!」と思ってもらえます^^

 

例;英語を勉強中だけど、自分みたいに
会社員で激務をこなしながら
勉強してる人がいるんだ..!参考にしたいな! 

どんな勉強プランを立ててるんだろう….?

例;育休中にネットビジネスを始めて
復帰するまでには
ある程度の収入を得てみたいな…

あ、この人も育休中にビジネスしてるんだ! 

子供を見ながら、どのタイミングで
ビジネスやってるのか知りたいな…!

この人の発信、追ってみよう^^

最後に③目指すゴール

こちらは、価値観とも似ているのですが
この発信を通して最終的にどんな未来がかなったら嬉しいなぁ〜というのを共有しておくことで

「あ、この人の言うこと共感できるなぁ」
「なんだか、信頼できそう!」
「同じ方向性や考えだから一緒に成長していけそう!」

と思ってもらえますね!

 

列;英語の試験合格だけではなくて
発音をマスターして、海外の駐在先で
ネイティブと対等に仕事をするぞー!!

 

(これから駐在で現地企業に行く方へ
役立つ発信ができる+同じ目標を持つ方が集まる。)

 

例;育休中にコンテンツビジネスで
十分な収益を得て、会社に復帰しなくて良くなったら
子供の成長をずっと身近でみてられる…!

 

(育休中で在宅ワークを探していて
子供のそばにいる時間をもっと取りたいと思っている
ママさんに役立つ発信ができる

+同じ目標を持つ方が集まる。)

こんなイメージですね!

 

こんな感じで

 

まだお客さんがいない場合の
発信ではこういった内容を
発信していけば、まずはバッチリです!!

もっと細かいことは発信しながらでも
調整できるので

一旦は発信を始めちゃうことも大事です^^

まとめ

 

お客さんがまだいない状態での
発信では、基本的には

ちょっと前や過去の自分のお悩みを参考にしながら
そのお悩みを解決できる知識をつけて

それをコンテンツにしていく。

=「価値提供」をすればOK!

お客さんへのお悩み解決
→解決に必要な知識やスキルは必要!

その中でも大事な工程がこれ↓

①自分の現状を把握する
(現時点でのスキルや知識のレベル)

自分がまだ知識やスキルが0なら
まずは知識や経験を少しでも積んで
「初心者」になり「超初心者」の悩み解決を頑張ればいい^^

②どんなお客さんを集めたいかを知る(発信の内容にもなる)

<ポイント3つ>
1.自分の価値観
2.自分の立場や現状
3.目指すゴール

 

↑この辺りを紙に書き出すなりしてみると
発信がしやすくなります^^

一旦、ここまでやってみてくださいねー♪

ちなみに、わたしが
「ビジネス系」発信を始めて
1ヶ月弱ごろに配信したラジオがあるので

 

余裕がある方は、こちらも
聞いていただけると

かなり参考になるのではないかなと思います^^↓

(ゆるく配信してるので家事の合間などにどうぞ〜)

ではでは!!

 

実績0から収益化する方法をメルマガでプレゼント中です🎁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です